あさひグループの家づくり

耐震・耐火の2×4工法

面の組み合わせ

面の組み合わせ図「2×4工法の家は強い」と言われます。 その一番の理由は壁と天井と床を構造耐力に優れたパネルで構成する独自の6面体構造にあります。 正確には「枠組壁工法」と呼ばれており、日本古来の軸組工法が建物を梁や柱の線で支えるのに対して、6つの面でしっかり支えています。 地震や台風などの外力に対して、6面全体で受けとめて揺れを抑制、 バランス良く吸収できます。 荷重を一点に集中させることがないので地震の際にも強く、 揺れの少ない家を実現しました。

耐震・耐火の2×4工法 耐震・耐火の2×4工法
床、壁、屋根の6面を1単位として
空間を構成
1つの面で外力を受け、他の面へと圧力を
バランス良く受け流す「モノコック構造」

ツーバイフォーは床が強い

面材のみで構成された剛床の場合、水平力(地震や風圧で生じる横向きの力)によって引き起こされる力により変形が大きくなってしまい力を建物全体へと伝えることができません。しかしモノコック構造の各面は、強い剛性をもつ面材と枠組材を釘で一体化した「ダイアフラム」と呼ばれる強固な立体盤面。床をつくる水平ダイアフラムが、加わる力、を各所に分散させて、外力に抵抗し、水平ダイアフラムから伝わる力、あるいは上下方向の力を分散して基礎へ伝達し、建物の変形や倒壊を防ぎます。

水平ダイアフラム 一般的な床剛床
 水平ダイアフラム 
面材と枠組材が一本化しているため、高い剛性を発揮します。
 一般的な床剛床 
面材だけで構成される床面は、水平力に対してネジレが生じやすい。

【床面におけるダイアフラムと一般的な床面との比較図】

垂直ダイアフラム 鉄骨造
 垂直ダイアフラム 
1ヶ所だけに過大な力が集中するということがありません。
 鉄骨造 
力が特定の箇所に集中し、プレースの変形などを誘発します。

「通し床」だから、床と壁が一体化

柱と梁によって構造される一般的な軸組工法は「通し柱」の構造であり、それぞれの柱と床面との結びつきを強くすること(緊結)が難しい形態、一方、ツーバイフォー工法は壁面と床面が強固に一体化したプラットフォーム構法のため「通し床」です。また、壁面と床面は約25cmごとに釘打ちされ垂直ダイアフラムと水平ダイアフラムが線の状態で均一に結合されます。したがって、床面の頑強なダイアフラムに加えられた水平力はまんべんなく壁面に伝えられ、建物全体で入ってきた力を分散できるのです。

ツーバイフォー工法

軸組構法
床面と壁面が一体化。 床面と柱が緊結できません。

高耐震性を支えるのが基礎

 モノコックには「フルベース基礎」  住まいの基礎耐力 
モノコックには「フルベース基礎」 住まいの基礎耐力
厚さ150mmの鉄筋コンクリートを打設した、床下全面を覆う強固な基礎形状で、基礎全体が一体化したコンクリートベース盤となった、きわめて信頼性の高い構造です。 地震で地面が揺れたとき、まず、その振動が伝わるのは基礎。この振動によって基礎が曲がったり折れたりしてしまっては、建物自体が壊れてしまいます。また、6面すべてで力を分散するモノコック構造の場合、水平ダイアフラムに加わった風圧は垂直ダイアフラムに伝わり、最終的に基礎から地盤へと伝達するものです。地震・台風に強い住まいのためには、なによりも基礎が強くなくてはいけません。

ファイヤーストップ構造

ファイヤーストップ構造

一般木造や鉄骨造などの軸組構造では、壁の内側や天井裏を伝わって火が燃え広がってしまいます。ビバーチェの家では、1階と2階や各室間の「火の通り道」をファイヤーストップ材によりシャットアウト。万一、火が石膏ボードを通過した場合でも、壁の中を伝わって燃え広がることを防ぐ効果があります。また、壁・天井内455mm間隔で入っている構造材もやはり火の進行を止める、いわば「防火シャッター」のような働きをします。これらのことから、ツーバイフォー工法は「ファイヤーストップ構造」とも呼ばれています。

【8割を占める内部火災に強い】
火が自然に消えていく「高気密空間」

火災の約8割は室内からの出火による内部火災。高気密を誇るツーバイフォー工法の住まいは、内部火災に対して圧倒的な安全性を誇ります。出火時に窓とドアが閉まっていた場合、新しい酸素が供給されずに自然鎮火してしまうことがあるのです。 また、これらの高い耐火性を実現しているツーバイフォーの家は「省令準耐火構造」として評価されています。よって火災保険の保険料もその耐火性の高さから一般木造住宅より大幅に軽減されます。

外壁通気工法

外壁材と構造躯体(柱)との間に通気層を設けています。結露を防ぎ、建物の劣化を軽減、気密性を維持しながら、壁体内の湿気をスムーズに外へ排出します。透視湿性に優れた透湿防水シートを通気層内に施しています。木材の腐りの原因となる結露は外気と室内の温度差が原因で発生します。そこで土台から外壁、軒裏から屋根へと室内の空気を移動させて外へ逃がす壁内通気工法で対処し、構造材を腐敗から守ります。

 

無題 グラスウール

 

断熱、気密性能

外張断熱の必要がないツーバイフォー 断熱性の低い構造材である鉄骨やコンクリートは、冬の寒さや夏の暑さを室内に伝えてしまします。また、高断熱の構造材を用いても気密性が低くては湿気による壁体内結露等の問題が発生します。これらの欠点を克服するために利用されるのが構造材の外側を断熱材で覆う「外張断熱工法」。しかし、ツーバイフォーの住まいは断熱性に優れた「木」を構造材とし、モノコック構造による高い気密性を誇ります。そもそも「外張断熱工法」の必要がない高性能住宅なのです。

断熱、気密性能

すき間のない構造「モノコック」

モノコック構造によってつくられるツーバイフォーの住まいは、床、壁、天井がすき間なく接合されます。それぞれの空間が独立するために気密性が高まり、壁内通風も防止、床下から冷気が入り込むといったすき間風による熱ロスや断熱材の周囲に侵入した外気によって断熱効果がダウンすることもありません。また、壁内の結露は断熱材の性能に著しいダメージを与えてしまいますが、高気密のツーバイフォーの住まいではその心配もありません。

「次世代省エネルギー基準」に対応

高断熱、高気密を誇る当社の住まいは次世代省エネルギー基準(最高等級4)に対応
四季を通じて、家全体を快適に保ちます。冷暖房費のランニングコストでは在来木造住宅と比べて節約できます。 その卓越した性能は、環境性においても快適性においても、そして経済性においても優れた力を発揮します。

 

  次世代省エネルギー基準に対応(グラスウール)   次世代省エネルギー基準に対応(断熱性)

 

お問い合わせ・資料請求はこちら