あさひグループの家づくり

ビバーチェが安心の理由 耐火性能・防火性能の高さから、2×4住宅は耐火建築と同じグレードに認定されており、一般の木造住宅に比べて火災保険料も安くなり、経済的にも有利なのです。

あさひグループの高品位住宅項目

耐震・耐火の2×4工法

面で支える2×4工法

□ 面の組合わせ

「2×4工法の家は強い」とよく言われますが、その一番の理由は、壁と天井と床を構造耐力に優れたパネルで構成する独自の6面体構造にあります。正確には「枠組壁工法」と呼ばれており、日本古来の軸組工法が建物を梁や柱の線で支えるのに対して、6面でしっかり支えます。
地震や台風などの外力に対しても、6面全体で受け止めて揺れを抑制してバランス良く吸収することができます。荷重を一点に集中させることがないため地震の際にも強く、揺れの少ない家が実現します。

ファイヤーストップ構造

□ ファイヤーストップ構造

家を守るためにさまざまな工夫が、2×4工法ではすべての天井や壁の室内側に厚さ12.5mm以上の石膏ボードが使われています。この石膏ボードに結晶水が含まれていうため、炎に触れても約25分もの間、水蒸気を放出して発火点(約450°C)に達する時間を大きく遅らせる作用があります。また、床や壁の内部に埋め込まれている断熱材、火の通り道をシャットアウトするファイヤーストップ構造など、火から家を守るために様々な工夫が施されています。

グラスウール 無題

□ 外壁通気工法

外壁材と構造躯体(柱)との間に通気層を設けています。結露を防ぎ、建物の劣化を軽減したり気密性を維持しながら壁体内の湿気をスムーズに外へ排出します。透湿性に優れた透湿防水シートを通気層内に施しています。木材の腐りの原因となる結露は外気と室内の温度差が原因で発生します。そこで土台から外壁、軒裏から屋根へと室内の空気を移動させ外へ逃がす壁内通気工法で対処して構造材を腐敗から守ります。

□ ビバーチェの外周耐力壁は地震や台風に強い

一般の構造用合板はクギを外周10cm、中通20cmの釘打ち感覚で壁倍率3.0倍ですが、ビバーチェが採用している「ノボバン構造用パネル」(novopanSTPII)は、クギを外周約5cm、中通10cmの釘打ち感覚で壁倍率4.7倍という高い壁倍率を取得して、地震や台風に強い家を造ることが出来ました。

2×4住宅

□ 剛床工法

2階の床は、非常に剛性の高い工法にて施工して地震の時にも、ねじれを防ぎ耐震性を高めてあいます。梁に根太掘りを施し、根太を落とし込んでいき、その上に構造用パネルと石膏ボード(12.5m)を敷き詰めて床材を施工しています。2階の物音も軽減されます。

□ 次世代省エネルギー住宅

次世代省エネルギー住宅

□ 遮音性

遮音効果と断熱効果を高めるために1階・2階の天井は石膏ボードを2重貼りにしています。

次世代省エネルギー基準に対応(グラスウール)
□ 断熱性

高断熱・高気密を誇るあさひグループの住まいは、次世代省エネルギーの基準に標準対応、四季を通じて家全体を快適に保ちます。冷暖房費では在来木造住宅と比べて節約できます。その卓越した性能は、環境性においても快適性においても、そして経済性においても優れた力を発揮しています。

次世代省エネルギー基準に対応(断熱性)

2×4住宅

□ Low-E複層ガラス

1年を通して快適な室温を保ち、冷暖房コストの節約にもつながります。また、ダニやカビの原因となる結露を防止していつも心地良く過ごせる室内環境をお届けします。

床束

□床束

[鋼製束]あさひグループの家では床を支える束とよばれる支持材に、鋼製束を採用。融溶解亜鉛メッキ処理でサビやシロアリを寄せ付けず、圧縮強度は2t以上と、大変強く安心の強さで頑丈な構造を支えます。施工面では、ターンバックル方式で作業を容易に行うことができるため、高さの微調整が可能なため精度も高まります。

□ 高耐震性

[住まいの基礎耐力]地震で地面が揺れたときに、まず、その振動が伝わるのは基礎です。この振動によって基礎が曲がったり折れたりしてしまっては建物自体が壊れてしまいます。また、6面で力を分散するモノコック構造の場合、水平ダイアフラムに加わった風圧力は垂直ダイアフラムに伝わり、そこから最終的に基礎から地盤へと伝達するのです。地震・台風に強い住まいのためには、なによりも基礎が強くある必要があります。

2×4住宅2×4住宅

[モノコックには「フルベース基礎」。]厚さ150mmの鉄筋コンクリートを打設した床下全面を覆う強固な基礎形状で基礎全体が一体化したコンクリートベース盤となった極めて信頼性の高い構造です。

2×4住宅

□ 地盤調査の実施

[スウェーデン式サウンディング]国土交通省に定められた住宅建設に適した地盤調査試験です。多くの国で基準化された方法で、土地の強さ(支持力・沈下量)が容易に判定できます。先端に専用のロット(ドリル)を取付けて一定深度にて打撃を与えその回数により、建設地の状態を判断します。掘削した土の状況も確認できますので、砂質・粘土質等の地下の状態も解る優れた調査方法です。

2×4住宅

□ シックハウス対策

[F☆☆☆☆]
24時間換気システム
2×4住宅

□ 火災報知器の設置

2×4住宅

□ バリアフリー住宅

2×4住宅

2×4住宅

□ 配管システム

[さや管方式の配管工事]さや管の内側に配管があるので配管交換も容易にすることが出来ます。簡単なメンテナンス・アフターサービスを考えております。

省エネ機器

□ 省エネ機器

[こまめにスイッチ]スイッチのON・OFFで、プラグを抜かずにムダな待機電力をこまめにカット。

ハイスタッド

ハイスタッド

□ 天井「2.7m」の家

全住宅にゆったりと開放感溢れる、天井高2.7m以上のハイスタッドを確保しています。

保証制度

保証制度

□ シロアリ保証

JOTOロング基礎パッキン、気密パッキン、外壁通気工法による自然換気システムと、床下を中心としたシロアリ予防施工を施し、5年間の保証とその後のメンテナンス管理をいたします。より安全で環境に優しい、天然成分のシロアリ予防剤も取り揃え、アレルギーやアトピー、喘息等のお客様にも配慮した施工を行います。

□ 地盤保証

地盤調査は、全ての建設予定地に行っております。調査データを元に、あさひグループでは適切な基礎工事(地盤改良工事)をご提案いたします。万が一地盤の不同沈下により建物が損害を受けた場合、お引渡しより10年間の損害を保証いたします。

保証制度

□ 住宅瑕疵10年保証

お引き渡し後、末永く快適にお住まい頂くために、特定の瑕疵を保証する制度です。あさひグループでは、住宅瑕疵担保責任保険法人による保険制度が実施している住宅瑕疵10年保証の対応となります。

アフターメンテナンス

アフターメンテナンス

□ 定期点検

「入居後の対応が不安・・・」というお客様の声にあさひグループが答えます。定期点検以外にも、お住まいに不安な点があれば、お電話をお受けした時点で、即時状況判断し手配を行うことでお客様の不安を解消します。
※掲載内容と異なる場合がございます。詳しくはあさひグループ係員迄お問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はこちら